牛肉麺「三商巧福」vs「清一色」(日本語)

           
  • 2018.12.15
  • 更新:2018.12.17
  • 飲食
牛肉麺「三商巧福」vs「清一色」(日本語)

日本にはなく、台湾では一般的な食べ物のひとつが牛肉麺。チェーン店から個人経営のお店まで台湾各地で牛肉麺のお店を見かけます。
今回はチェーン店の「三商巧福」と「清一色」の牛肉麵の値段を比べてみます。

「三商巧福」の牛肉麺

「三商巧福」の牛肉麺は一番安い「原汁牛肉麵」が110元ですが、優待券を使ったサービスやセールなどで原価よりは安く食べられることが多いです。2018年12月10日-22日がセール中で期間中「原汁牛肉麵」は79元、この値段ならお得感があります。
また最近は一般的な麺に加えて、細麺も選ぶことができるようになりました。もし麺の量を追加したい場合プラス20元です。

三商巧福の牛肉麺(一般麺)

三商巧福の牛肉麺(細麺)

写真の上が太麺、下が細麺。細麺を頼んだところ間違えて太麺がくるというハプニング。店員が間違いに気づき、取り替えにきました。おかげで両方の写真を撮ることができました。

「清一色」の牛肉麺

一方で台中付近に複数店舗を持つ「清一色」一番安い牛肉麺でも120元ですが、こちらは麺のおかわりが自由にできることが売りです。麺のおかわりを計算に入れるならば、お得感はあります。食べる量が多い方はこちらのほうが良いかもしれません。


清一色の牛肉麺

一番安い「牛肉麺」の値段
「三商巧福」110元
「清一色」 120元~

おすすめできる点
「三商巧福」優待券やセールで原価より安くありつける
「清一色」 麺のおかわりが自由

記事の修正:2018年12月17日