台湾 印鑑の作り方

           
  • 2018.11.18
  • 更新:2018.12.31
  • 其他
台湾 印鑑の作り方

もし台湾で郵便口座や銀行口座を作りたい場合には,印鑑が必要になります。
しかし台湾の印鑑はフルネームの入った印鑑が一般的で,日本のような苗字のみの印鑑を使うことができない場合もあります。

では,一般的にどのようなサイズの印鑑が必要になるのでしょうか?
フルネームの印鑑を作る場合,四文字あるいは五文字の印鑑を作ることは可能でしょうか?
自分の名前以外の印鑑を作ることは可能でしょうか?
値段はどれくらいなのでしょうか?

1 印鑑のサイズ

もし口座作成に関係なく印鑑を作る場合は印鑑のサイズはどのようなサイズのものも作ることができます。いろいろサンプルがあるので印鑑を作りたい場合は,お店の方との交渉になります。
銀行口座,郵便口座の印鑑のサイズは日本同様で特に指定はないですが,台湾では丸型ではなく,正方形サイズの印鑑を用いることが多いです。また銀行印を作る場合は日本同様銀行での印鑑の登録が必要になります。

2フルネームの印鑑を作る

台湾の名前は苗字1文字名前2文字の場合が多く,この場合は左が姓1文字,名前が右2文字の印鑑になります。すべての文字の大きさを同じにすることもできますし,1文字の姓を大きくすることなども可能です。
日本人に多い合計四文字の場合は苗字が一文字,二文字,三文字にかかわらず縦二文字,横二文字の印鑑を作ることができます。

では四文字を超えて,名前が五文字の場合もフルネームの印鑑作成は可能なのでしょうか?

もし名前が五文字ならどうなるか印鑑屋に聞いてみました。

回答は

五文字でも作ることができます

という回答でした。

文字のサイズは自由に変えることができるので,一つの文字を大きくしたり,あるいは均等のサイズにしたりとオーダーに合わせて作ってくれるとおっしゃっていました。

3自分の名前と違う印鑑を作れる?

印鑑を作るのは自由ですので,ちょっと怖い話ですが,人の名前であっても印鑑を作ることはできるようです。
(実際に作ることはお勧めしません。)

自分の本来の名前でなくても銀行口座や郵便口座の申請ができるという情報がありますが,それは戸籍上の名前と一致する場合のみです。
もし配偶者が台湾人の場合には,結婚の際,戸籍上に名前を入れることになりますが,その際台湾にある苗字への変更が可能です。
ですからパスポートの名前あるいは居留証の名前に一致する場合のみに”戸籍上の名前”で口座を作ることができるというのが正しい情報です。

4印鑑の値段は?

気になる値段ですが,一辺1cmの正方形サイズの一番安い印鑑は文字数にかかわらず40元でできると聞いたお店の方はおっしゃっていました。サイズが大きさや材質などで,印鑑の値段は変わってくるとのことです。

以上まとめると,次のような形になります。

1印鑑のサイズ
オーダーに合わせてどんなサイズも可能

2フルネームの印鑑の文字数
四文字,五文字いずれも可能

3自分の名前と違う印鑑を作れる?
印鑑の作成は可能。
自分の名前と違う口座の申請は不可。

4印鑑の値段
一番安いものは40元

印鑑のお店は台湾各地に比較的多く見かけます。作成も安く,どんなサイズでも印鑑の作成は可能です。自分のフルネームの印鑑を作っておけば口座開設に限らず何かの役には立つかもしれません。

2018年11月18日