台湾 ラーメンチェーン店「九湯屋」

           
  • 2018.10.22
  • 更新:2018.11.02
  • 飲食
台湾 ラーメンチェーン店「九湯屋」

今回は台湾にあるラーメンチェーン店の「九湯屋」を紹介します。

「九湯屋」は現在台湾全国119店舗ほどあります。
香港にも支店を持ちます。

白いバックに大きく「」と黒字で書かれた看板が特徴です。

お店のキャッチコピーには「味覚は新しく体現してぃる」

下の写真の名刺キャッチコピーは「」の部分が「」に…。
意図的に「レ」を用いたのか,「し」の間違いなのかは定かではありません。

メニュー

日本のラーメンの形式で,
日式風味,地獄風味,韓式風味のメニューがあります。
日式風味の部分では
「東京豚骨拉麵」「東京醤油拉麵」「九州白湯拉麵」「札幌味噌拉麵」
という形で東京,九州,札幌の地名が使われ,
これらの地域のラーメンの味はいったいどうなのかと
興味のそそられる名前になっています。

ラーメンの価格は99元~で麺の追加の場合は20元プラスになります。

雰囲気は日本風ですが,味は台湾の味付けにアレンジされていました。
スープの味は薄くて日本の味を楽しみたいと期待するとかけ離れているかもしれません。

「九州白湯拉麵」のスープは牛乳味ベースで日本にはない味付けです。

麺の太さも細麺と太麺の二種類から選ぶことができ,
細麺で頼みましたが,普通の麺の太さです。
日本で細麺を頼んでこの麺の太さということはまずないと思います。

確かにキャッチコピーのように新しい味覚です。

それで,もし本当に日本の味を楽しみたいというのであれば日本のチェーン店に行くのが賢明な選択ですが,

そういうことにはこだわらず,
日本の雰囲気を楽しみたい,雰囲気で十分というのであれば,満足できるかもしれません。
日本のチェーン店の半分以下の価格で「ラーメン」を食べることができます。
日本のラーメンの味は濃すぎると思うようであれば,台湾風に薄味にアレンジされている点は人によっては受けいれられるかもしれません。

記事の修正:2018年10月29日
最初の投稿:2018年10月22日