台湾の大阪王将

           
  • 2018.10.15
  • 飲食
台湾の大阪王将

今回は台湾の大阪王将を紹介します。
台湾の大阪王将は2016年9月の1号店オープンをきっかけに
2018年10月現在台湾全国18店舗まで店舗数を伸ばしています。

日本のチェーン店が増えていることは,海外で長期生活する日本人にとっては安心できます。
日本と同じ味やメニューを楽しめればうれしいですが、実際どうなのでしょうか?

下の写真はメニューの一部です。
餃子はもちろん,主要メニューはほぼ提供されています。

海鮮焼きそば(王将海鮮炒麺)140元

味はOKですが,実際注文してみると,ちょっと野菜の量が多い感じでした。

単品メニューに加えてプラス79元の餃子セットもしくは99元のライスセットで定食メニューに変更が可能です。

下の写真はエビのチリソース150元に99元のセット。
ライスセットは餃子3個にみそ汁,からあげか野菜か選ぶ形のセットメニューです。
さらに30元プラスで餃子3個の追加が可能です。

エビの数は豊富でチリソースの味もまずまず。
皮が少し硬くて噛み切れない感じでした・・・チリソースとよくからめて食べる必要があります。

餃子は上の写真の通りで焦げ目のついた具たっぷりの日本の餃子です。
日本と台湾の焼き餃子のタイプは異なるので,日本の餃子の味を楽しみたいという場合はおすすめできます。

みそ汁は中に鰹節が入って台湾風の味にアレンジされていました。

単品メニューの値段が150元前後と考えると日本円に換算した価格よりは少し安く食べることができます。
また餃子のみの注文ということもできなくはないですが,単品+セットメニューという頼み方がお得なようにメニューは構成されています。

各単品メニューはお好みになりますが,日本の餃子の味を楽しみたいという場合に「大阪王将」という選択は良い選択肢です。

2018年10月15日