台北・台中 留学「日本人が多く,学費が安い」のは?

           
  • 2018.06.19
  • 更新:2018.07.03
  • 居住
台北・台中 留学「日本人が多く,学費が安い」のは?

どのような目的で台湾に生活するかは人それぞれですが,
仕事以外の理由で,台湾で生活している日本人の多くは,はじめ現地の大学に通い言語を学んでいます。

台湾に来る前にある程度中国語を学んできた人もいれば,ほとんど0という状態で台湾に来られる方もいます。長期的に正規で大学に入学するよりは,短期留学の形を取り三ヵ月(あるいは数ヵ月)ごとに更新していくケースがほとんどです。

では,言語を学ぶ場合にどの学校を選べばよいのでしょうか?
学校の特色は各学校で違いますので,どこの大学が良いかという点は個人の選択になります。言語の能力に関しても,個人によって差が出ます。

それで,ここでは 「日本人が多い」「学費が安い」
という条件で台北,台中,その他の学校をいくつか紹介します。

台北「日本人が多く,学費が安い」のは?

師範大學 國語教学中心

学生が多く規模の大きい大学です。日本人も大勢います。
ほとんどの大学が1日3時間,週15時間のコースを提供する中,
初期段階から毎週10時間コースを選ぶことができ,その学費は26400元です。
10時間コースといってもそれに5時間の自習時間を加えて単位の取得になります。
自由に勉強の時間を取りたいという場合は魅力的なプランになります。
(毎週15時間のコースは36000元です)
ビザや宿舎のサポートなども整っています。

文化大學 華語中心

毎週15時間の基本プランですと,基本的な学費は27000元ですが,早期(三週間前)で申し込めば24300元です。また二学期以上の申し込みやであれば割引になります。たとえば二学期であれば47600元(一学期につき23800元)になります。コースが毎月開講されているのが魅力です。

淡江大學 華語中心

15週間(三か月半)で学費28000元です。通常の大学は三ヵ月のコースですので,学費の平均をとれば一番安いです。学生の1/4程度が日本人です。

台中「日本人が多く,学費が安い」のは?

逢甲大學 華語文教學中心

週15時間 12週間 23000元

靜宜大學 華語文教學中心

週15時間 三ヶ月 24000元

國立臺中教育大學 華語文中心

週15時間 三ヶ月 25200元

東海大学 華語中心

四ヶ月 36000元(一ヵ月平均9000元)

です。
それぞれ学生の4分の1程度が日本人です。

台北に比べると学費は全体的に安いです。

その他の都市は?

参考に高雄の二大学の学費を紹介します。

國立中山大學 華語教學中心

一学期 12週間 29700元

高雄師範大學 語文教學中心

一学期 12週間 25700元

です。
ともに学生の5分の1程度が日本人で,高雄では比較的多めの割合になります。

「日本人が多く,学費が安い」という条件でいくつかの大学を紹介しました。紹介した台北・台中の大学は日本語のページもありますので,詳しい情報は大学のホームページで再確認することをお勧めします。

※学費の最新情報は各大学のホームページを参照,情報は2018年6月19日現在のものです。

2018年6月19日