台北・台中 路線バスの乗り方

           
  • 2018.06.18
  • 更新:2018.06.26
  • 交通
台北・台中 路線バスの乗り方


台湾で生活する場合、住む場所によってはバスの利用が便利です。

では、台湾でバスに乗りたい場合どうすれば良いのでしょうか?どのようにお金を払えば良いのでしょうか?また都市ごとにどのように仕組みが違うのでしょうか?

バスの乗り方

バスにはバスのナンバーが記されています。停留所に自分の乗りたいバスが来た場合に手を挙げて乗る形になります。降車の際は降車ブザーを押します。
バスの路線やルートは停留所の表示や最新のAPPなどで調べることができます。

現金でもバスには乗ることができますが,台北あるいは台中でバスに乗るにあたっては悠遊卡(ヨーヨーカーYōuyóukǎ)というカードを利用するとバスの乗降車が便利です。悠遊卡は日本のPasmoやSuicaのようなカードのことで電車・バスに限らず,買い物などにも利用できます。悠遊卡は駅の窓口や機械,コンビニなどで購入が可能です。乗降車の際にこのカードをタッチすればよいです。悠遊卡以外では一卡通(iPass)などカードも利用できます。

台北 路線バスの乗り方

「二段票收費」という方式を利用していて簡単にいうとある特定の区間を通過した場合、乗車と降車の際,悠遊卡を二回タッチする必要(あるいは二倍の料金を支払う必要)があります。特定の区間を超えない短距離の移動であれば乗車あるいは降車の際、1回だけ悠遊卡をタッチもしくは料金を払うだけで十分です。
これは乗るバスの区間によって様々なので,二回払いなのか一回払いなのかは路線図を見る必要があります。
利用する停留所のバスの番号が何番なのか?どこを通るのか?時間など調べて乗ればバスも効率よく乗ることができます。
バス停の情報は細かい時刻表があるのではなく、始発、最終バスと何分おきにバスが走っているという情報と停留所のみなので、この点もAPPを頼るのが便利です。
APPでは特定のバスが今どこを走っているのかの情報を知ることができ、時間や情報も高い確率で信頼できます。

台中 路線バスの乗り方

10km以内の区間であればバスの料金は無料です。乗車と降車の際に悠遊卡を二回タッチする必要があります。10km以内の移動であれば値段は0元と表示されます。10kmを超えると1kmごとに2.5元の計算で最大で60元まで加算される計算になります。

その他の都市の路線バス

台北,台中などの大都市であればバス路線も複数ありますが,その他の都市でバスが自由に利用できるわけではないので,台北,台中以外の移動を考える際には都市ごとの仕組みを調べる必要があります。

たとえば彰化地区にも路線バスはあります。乗降車の際2回悠遊卡をタッチするか現金で支払います。どの停留所からどの停留所まで乗ったかによって額が決まる仕組みです。

高雄地区の場合は8km以内であれば12元で,8km以上の乗車であれば2倍料金になります。高雄地区でも乗降車2回のタッチが必要です。

2018年6月18日