台湾 携帯五大会社

           
  • 2018.06.14
  • 更新:2019.04.27
  • 其他
台湾 携帯五大会社


台湾で生活するにあたって必需品となるのは携帯電話。

携帯電話を契約するには、居留証が必要になるため、台湾人や居留証を持っている友人の助けが必要になります。

では、どの携帯電話会社を選べば良いのでしょうか?契約のプランにはどのようなプランがあるのでしょうか?

代表的な携帯会社

中華電信(Zhōnghuá diànxìn)
台灣大哥大(Táiwān dàgēdà)
遠傳電信(Yuǎnchuán diànxìn)
台灣之星(Táiwān zhī xīng)
亞太電信(Yàtài diànxìn)

これらが台湾の携帯電話の会社として有名です。
中華電信が台湾最大の電話会社で、台灣大哥大がそれに続きます。

契約プランの形態

日本で携帯電話を選ぶときと同様、電話やインターネットをどれだけ使うのかが選ぶポイントになります。
最近は日本同様で新規契約には特典があり,契約の更新時期には携帯電話の買い替え等をともに勧めてくるのが一般的です。

プランの基準としてキーになる言葉は「吃到飽(チーダオバオChī dào bǎo)」という言葉で、携帯電話の利用に関してはインターネットの使い放題を意味します。台湾に住んでいると頻繁に耳にする言葉です。

近年携帯電話会社の競争は著しく、各会社が最新のプランを提供しています。条件も複雑で細かい条件があるので、この点はどれが良いかは各自で判断する必要があります。

私たちが現時点で使っているのは一つは台灣大哥大の基本699元吃到飽のプラン、このプランで映像や仕事等のやり取りも自由にでき、また別の携帯へデザリングしても大きな影響がなく、おすすめのプランです。もう一つの携帯電話はネットの利用に制限のある安いプランを利用しています。

またプリベイト方式の携帯電話の利用も普及しているため短い滞在でも携帯電話が利用しやすくなっているといえます。